メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOの内部対策とは

SEOの内部対策というのは、コンテンツを充実させたり更新頻度を高めたりする他にも、ページ構成や内部リンクの構造などと、サイトの中身に対して行う検索順位を上げるための施策のことです。


SEO内部対策をする時には大事なポイントがあり、その1つがURLの正規化で、wwwと./の統一です。


wwwがあるかないかでは、両方で被リンクが付いている場合があって、統一しておかなければ、被リンクの効果が半減している場合があります。


また./があるかないかでは、内部リンクが評価を受けるページとは違うURLに集中している場合には損をしてしまうことになります。


2つ目のポイントには、タイトルの最初の部分にターゲットキーワードを入れるかどうかと、競合より魅力的なタイトルにするということがあります。


タイトルの最初に方にキーワードがある方が、認識しやすくなると思われ、当然ライバル企業や商品よりもユーザーにとって魅力的なタイトルにした方が、クリックされる数も多くなり、検索順位を上げられることにつながるようになります。


そして3つ目のポイントは、競合と比較した時に、本文のテキストボリュームやコンテンツが少ないと思われる時にはそれを増やすようにするということで、特に近頃ではページの内容も非常に大事になっているので、内容には十分に注意しなければいけません。


これらの点に気を付けることで、大きな成果を得られる可能性が高くなり、SEO対策をする意味が出てくることになるでしょう。


参照記事:内部対策を主軸とした様々なSEOプラン